>>お問い合わせ  

1.軽井沢の現在

昭和20年に日本が終戦を迎えると、それまで軽井沢の別荘等に疎開していた人々は、遂次引きあげていきました。そして軽井沢には進駐軍がやってきて、軽井沢の多くのホテル、及び軽井沢の高級別荘等は、進駐軍並びにその家族の保養施設として接収されました。こうして軽井沢は、一時基地的様相を呈するようになりました。?この時先の「軽井沢憲章」の精神を受け継ぎ、清浄なる軽井沢を守る動きが出てきました。そしてそのために、軽井沢の町当局と軽井沢の別荘滞在者とが東奔西走し、そしてその成果として、国に先駆けて「売春禁止条例」を昭和26年に制定しました。また、軽井沢における国際親善と国際文化の交流を盛んにし、そして世界恒久平和の理想の達成に資することを掲げる動きが出てきました。それと共に、軽井沢の文化観光施設を更に整備し、充実させて外国人客の誘致を図り、そしてわが国の経済復興に寄与しようという声も高まりました。軽井沢におけるそうした声が具現化されたものが、昭和26年の「国際親善文化観光都市建設法」の適用となって現れました。
ところが昭和28年、突如として在日米軍の浅間山演習地設置問題が軽井沢町当局に提示されました。これを受けて軽井沢町では軽井沢の町民や別荘客にも呼びかけ、そして長野県下の各種団体の強力な支援のもとに、演習地絶対反対の運動を展開しました。また東大地震研究所では「観測に支障あり」と申し入れ、実地調査を行なった結果、「学問と自然を守る」運動が功を奏し、結果は演習地設置は取り止めとなり、反対運動の目的を貫徹したこととなりました。?軽井沢と言えば避暑地ですが、夏の避暑地としてだけでなく、更に冬期の観光客を誘致しようという動きも軽井沢で出てきました。こうした動きを受けて、軽井沢では昭和27年に軽井沢の町内五ヶ所にスケートリンクを新設されました。それに続いて私設のスケートリンクも軽井沢の各所に造成設備されました。またそうした動きを受けて銀盤号スケート列車、スケート専用バス等が運転されるようになり、軽井沢の冬期における観光も脚光を浴びるようになりました。それまでは避暑地のイメージが強かった軽井沢ですが、冬場にも多くの観光客を集めることに成功しました。
こうした成功は、軽井沢における各種スポーツイベントの開催となって現れています。例えば軽井沢では世界スピードスケート選手権大会を始め、全日本や国体のスケート等が開催されるようになりました。昭和38年には50万人程のスケーターや観光客が軽井沢を訪れ、軽井沢でもスケート全盛時代を迎えました。?この間は所謂高度経済成長と呼ばれ、日本経済の急速なる回復と高度成長が実現した時代でした。そうした影響を受けて、軽井沢でも庶民のレジャー志向に応える生活環境が整ってきました。また同時期、更に自家用車をはじめとする交通機関の発達と相俟って、軽井沢でも一部有産階級の保養の為の従来の別荘生活と併行して、新たに会社や学校の寮等が相次いで建てられるようになりました。また軽井沢にも民宿等も出現し、軽井沢における保健休養とスポーツ(サイクリング、テニス、ゴルフなど)を楽しむ人々によって、そうした宿舎が広く利用されるようになりました。このように軽井沢は従来通りに避暑地の性格をもち続ける反面、新たに軽井沢はスポーツの町としての性格を帯びるようになり、それに加えて文学的要素を加味したところが強調されるようになってきました。そして軽井沢でもよく知られた観光スポットである旧碓氷峠見晴台や、雲場池、白糸の滝、それに塩沢湖等の軽井沢周辺の観光資源の整備や、或いは軽井沢を取り巻く道路の整備等が、順次充実してきました。


おすすめWEBサイト 5選

様々な角度から総合的に比較しました。高血圧で悩んいる方は是非ご参考にして下さい

高血圧 サプリ

究極のかかとケア靴下「米ぬかシリコン」の他、ハンドケア手袋など販売

ハンドケア用手袋

必要なときだけネット環境を確保できます。

wifiレンタル 国内

Last update:2016/2/5

Copyright (C) 2008 優雅に楽しむ軽井沢. All Rights Reserved.